UOとかウィルコムとかPCがらみのネタ等々。 当ブログは準にゃんを崇拝しております。

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カネカネJASRACと各権利者団体、カネの為なら法をも変える
2005年05月19日 (木) | 編集 |
「iTMSも日本のルールで」――JASRAC、ネット配信に期待(ITmedia)

私的録音・録画補償金制度では誰も幸せになれない(ITmediaアンカーデスク)

iTunesMusicStoreの日本サービス開始に期待するJASRAC、金の為でしょうがね。
参入が遅れている理由はJASRACにあるとばかり思ってましたが、どーなんでしょう。
この部分がかなり気になったり
iTMSは比較的ゆるいDRMが特徴だが、菅原氏は加えて「ダウンロード型ビジネスで大切なことは、コピーコントロールの問題をクリアにすること」とも述べており、iTMSが既存の国内サービスと同等のDRMを備える可能性も否定できない。(本文より引用)


流石、CCCDを未だに支持し続けるだけの事はありますね。

海外では聞き放題できるというサービスも出てきてます、それなのにこの体たらく。
「比較的ゆるいDRM」ですか、欧米の音楽業界では(完全にではないが)受け入れられたんですけどね。
しかも、その仕組みすら時代遅れになりつつあります。
日本では受け入れられないみたいな言い方です。ガチガチのDRMで固められたデータじゃないとダメですか。
JASRACの望むような形で音楽配信やってもユーザは食い付きません、現行の配信サービスが伸び悩んでるのはそれが大きいのでは?
まぁiTMSがなかなか日本でサービス開始できない一番の理由は、JASRACと国内レコード会社の癒着なのでしょうけど。

レコード会社が曲を販売しJASRACに管理を委託している以上、そうなっちゃいますね。
ユーザの意見なんざクソ食らえなんでょう。
ふと疑問に思ったんですが、JASRACが奪い取ったお金ってキチンと分配されているんでしょうか?
関係無さそうなビルの建設に投資されてたりするそうですが・・

続いて、私的録音・録画保証金制度についてー
[READ MORE...]
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。