UOとかウィルコムとかPCがらみのネタ等々。 当ブログは準にゃんを崇拝しております。

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カネカネJASRACと各権利者団体、カネの為なら法をも変える
2005年05月19日 (木) | 編集 |
「iTMSも日本のルールで」――JASRAC、ネット配信に期待(ITmedia)

私的録音・録画補償金制度では誰も幸せになれない(ITmediaアンカーデスク)

iTunesMusicStoreの日本サービス開始に期待するJASRAC、金の為でしょうがね。
参入が遅れている理由はJASRACにあるとばかり思ってましたが、どーなんでしょう。
この部分がかなり気になったり
iTMSは比較的ゆるいDRMが特徴だが、菅原氏は加えて「ダウンロード型ビジネスで大切なことは、コピーコントロールの問題をクリアにすること」とも述べており、iTMSが既存の国内サービスと同等のDRMを備える可能性も否定できない。(本文より引用)


流石、CCCDを未だに支持し続けるだけの事はありますね。

海外では聞き放題できるというサービスも出てきてます、それなのにこの体たらく。
「比較的ゆるいDRM」ですか、欧米の音楽業界では(完全にではないが)受け入れられたんですけどね。
しかも、その仕組みすら時代遅れになりつつあります。
日本では受け入れられないみたいな言い方です。ガチガチのDRMで固められたデータじゃないとダメですか。
JASRACの望むような形で音楽配信やってもユーザは食い付きません、現行の配信サービスが伸び悩んでるのはそれが大きいのでは?
まぁiTMSがなかなか日本でサービス開始できない一番の理由は、JASRACと国内レコード会社の癒着なのでしょうけど。

レコード会社が曲を販売しJASRACに管理を委託している以上、そうなっちゃいますね。
ユーザの意見なんざクソ食らえなんでょう。
ふと疑問に思ったんですが、JASRACが奪い取ったお金ってキチンと分配されているんでしょうか?
関係無さそうなビルの建設に投資されてたりするそうですが・・

続いて、私的録音・録画保証金制度についてー
「金を取るな」とは言いたく無いんですが・・・あまりにも酷すぎる意見ばかり。

HDD・フラッシュメモリ搭載用音楽プレイヤーからも金を取れ、ですか。
まぁ、現行の法律では可能でしょうし特別扱いも問題ですね。
しかし、録音だけに使われる機械ではないのでそこの所が微妙なんですけどね。
料金をに下げるとかの工夫も必要なのではないかと。

そして、一番問題とされるのは”PC用のHDDからも金を取れ”と言う話が出ている事。
「iPodからも金を取れ」――私的録音補償金で権利者団体が意見書(ITmedia)
この記事の中で「HDDプレーヤーはもちろん、PC内蔵のHDDも対象に含めるべき」
とのトンでもない意見が出されているのが発覚。外付けからも取れだそうデスヨ?
性根の腐った権利者たちの醜さが出てますね、強欲傲慢非常識です。
PC用のHDDですか、つまり企業で完全に業務用として使ってるHDDも対象。
しまいにゃサーバ用途の高性能HDDにも課金しろと言いそうですね。

こんな意見が出てくると「保証金制度なんて無くしてしまえ」とか言いたくなりますよ。
しかもこの保証金制度、「死文化になっているのは否めない」状況だそうです。
掠め取ったお金がちゃんと権利者に返らないとか・・・・。
権利者団体寄りの政府もこの事に関しては慎重みたいです、このまま潰してしまっても良いかもしれません。

この問題って最近の酒税の動きに似てません?
”発泡酒でビールの売り上げが現象して税収減”→”発泡酒の酒税をあげてしまえ”
→”今度は第三のビールなんて出ました、また収入が減りそうです”→”上げてしまえー(阻止されました)”
このことがあって酒税も全体的に見直しだそうです、著作権周りもそろそろ全体的に見直す時期かと思います。


途中からナニ書いてるのか自分でも判らなくなったのは秘密だ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。