UOとかウィルコムとかPCがらみのネタ等々。 当ブログは準にゃんを崇拝しております。

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アップルがIBMを見限ったのか?
2005年06月06日 (月) | 編集 |
Apple、WWDC基調講演でIntelプロセッサ採用発表(ITmedia)
アップルからの発表があったわけではないので確定というわけではないですが・・。
正式に語られるのは明日の午前二時以降。

Appleとしては最近のIBMの動きが気に入らなかったんでしょうね。
三つの次世代ゲーム機がIBMプロセッサを採用した為、プロセッサ開発のリソースが其方に割かれたのが。
PowerBook G5の登場をはばむものは何か(ITmedia)
こういったことが響いたんでしょうね、
Appleの方にリソースを割いてくれていればノート用のG5プロセッサが完成していたのかも、と。

シェアは大きくないが「看板」としては最高のマッキントッシュ。
もしIntelがマック向けのプロセッサを作るとしたら本気でやるでしょう。
X86系でAMDに先行され続けているIntelにとっては今最も嬉しいニュースか・・・。
しかし、Mac向けとなると初期プレスコットや、今出回ってる急造デュアルコアなんて欠陥品を出すわけにはいかなくなる。
相当の覚悟を決めてやらないと痛い目を見ることになる。
「IBMへの脅しか?」とも言われてましたが本気でした。
IBMはどうでるのかな?Powerプロセッサ使ってるのはMacだけではないけれども。
恐らく、この影響でIBMのサーバ機売り上げが若干落ちると予想。
こういったニュースはIBMにとってネガティブイメージしかない。
「IBMはゲーム機向けのプロセッサに注視してて、他のプロセッサにはおざなりだ」
などという印象は確実に受けられる。
LenovoにPC部門売却してブランドイメージ下がっている時に、こういった追い討ちはかなり痛い。

効率化も良いのだけど、会社の規模を考えるとMacのプロセッサにリソース割いても中長期的には損では無かったかと。
量より質ですよ。



しかし、コレが「一部の部品に~」とか「やっぱり嘘でした」なんて事はないだろうなw
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。