UOとかウィルコムとかPCがらみのネタ等々。 当ブログは準にゃんを崇拝しております。

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートソード改造考察
2005年06月17日 (金) | 編集 |
ショートソードが完成したので短剣、と思いましたがモノが無い。
高品質モノが欲しいのですが、なかなか入手が難しい。
という訳で二本目のショートソード強化でも使用かな、と。

ショートソードの改造内容と雑感をちょこっと書いてみたり。
・重さ調節1・2・3・4
それぞれバランスが2・3・5・8と上昇、下がるステータスは無し。
必要熟練度、費用共に低いので選択しやすい改造。
ただ、元々バランスが高いので改造するなら4(改造1回目・2回目に選択可能)。
二回目の改造にコレを入れるか他を入れるかによって性能が変わっていきます。
・焼き入れ1・2・3・4・5
最大ダメージを1~5、最小ダメージを1増加させる改造。
耐久が-2~-6なのに注意、ショートソードの耐久は低いのでやりすぎるとボロボロに。
最小ダメは僅か+1ですがバランスの良い武器なのであまり影響しない。
コレを何回行うかが鍵。
・軽量化
最大ダメージ+1、最小ダメージ-1。使うことの無さそうな改造。
耐久は下がらないが、コレに熟練使うぐらいなら焼き入れを。
刃磨き
クリティカル+5%、そして耐久-5。
耐久の減りがかなり痛いがそれに見合うだけの効果はある。
二回実行した場合、残り耐久に注意。
・柄の交換
耐久+10。武器種問わずやらなければならない改造。
頑張って30貯めよう。
・エイレン式ショートソード改造
四回目のみ選択可能。耐久+10、クリティカル+5%、バランス-5、最大最小ダメージ+1。
初期耐久値が比較的低めのショートソードにとっては救いとも言える改造。
耐久だけでなくクリティカルも増えるのがオイシイ。パランス-5ぐらい目を瞑りましょう。
ファーガス式
4回目と5回目に選択可能。
耐久-10、クリティカル-5、最大最小ダメージ+5。
罠です。ネタか自己満足にどうぞ。
エイレン式で上がった耐久とクリティカルを犠牲にして最大最小ダメージを上げる改造。
焼入れでも述べましたが、ショートーソードはバランスが良いので最小ダメージはあまり高くなくてもOKです。
熟練100という事も考えると、焼き入れ5(熟練10)の方が優秀。


んでは改造例をば。
柄の交換をしない改造はショートソードではあまり意味が無い(重さ調整と軽量化以外は耐久が減るので)。
強いてあげるなら、軽量化*4→焼き入れ5(熟練合計50)
ダメージ12-25・バランス75%・クリティカル10%・耐久9
即席ショートソード。クリティカルと耐久に不安が残りますがサブウェポンには丁度良いかと。

以下は柄の交換前提の改造例。
柄の交換→焼き入れ2→焼き入れ3→焼き入れ4→焼き入れ5(熟練合計70)
ダメージ11-30・バランス75%。クリティカル10%・耐久7
最大ダメージに関しては最強の改造、耐久がガタガタですが(苦笑)
耐久に目を瞑ればバランスと攻撃力の良い武器。ブロードソードを三打化した感じ。

柄の交換→重さ調整3→刃磨き→エイレン式→焼き入れ5(熟練合計126)
ダメージ9-22・バランス78%・クリティカル20%・耐久24
バランスの取れた改造、クリティカルがそこそこ高いので意外と出ます。

柄の交換→刃磨き→刃磨き→エイレン式→焼き入れ5(熟練合計140)
ダメージ9-22・バランス70%・クリティカル25%・耐久19
クリティカル特化改造、上の改造と比べて若干バランスが落ちる。
INTやDEXがある程度あればこちらの方が強力。

柄の交換→刃磨き→焼き入れ3→エイレン式→焼き入れ5(熟練合計130)
ダメージ10-25・バランス70%・クリティカル20%・耐久21
上記二つの改造と比べて最大ダメージが高い、僅か3でもショートソードにとっては大きい。

似たような改造内容が多いですが、ショートソード改造はあまり選択肢がありません。
必要な熟練が少なくて済むのが利点、サブウェポンに一本いかがでしょうか?

私はメイン武器ですけどね!
ショートソードフェチによるショートソード改造談でしたー。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。