UOとかウィルコムとかPCがらみのネタ等々。 当ブログは準にゃんを崇拝しております。

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CPUネタ読むのは面白い。
2005年06月24日 (金) | 編集 |
x64対応プロセッサそろい踏み、コンシューマ向けデュアルコアプロセッサ登場
アップルがIntelプロセッサ採用、等と話題に事欠かないCPU業界が面白い。

言えないと恥ずかしいAMD64とEM64Tの違い(ITmedia)
いやはや勉強になりました、AMD64とEM64Tがほぼ同じかと思ってました。
微妙に使用が違うんですね・・・・。
ただ、WindowsXPの64ビット版は先行してたAMD64を基準に作ってるので、コレを導入するならAthlon64を。
64ビット対応プロセッサを3分で理解する
一般人には縁遠いサンとHPのCPU、主にエンタープライズサーバ向け。
IntelのXeon・Itanium、AMDのOpteronもコレにあたりますね。
IBMのPowerはマッキントッシュに使われてます、G5はフル64ビットだったかと。

エンタープライズ向けの64ビットCPUは結構歴史長いんですよね。
確か1991年に出てたはず・・・。Nintendo64も64bitでした。
ゲーム機はすでに128ビット時代。コンシューマPCがそうなるのは5年か10年先?


前のエントリーで「デュアルコアは待ったほうが良い」といいましたが訂正。
AMDのデュアルコアプロセッサは導入する価値ありと見ました。
Intelに騙されてたよ・・・・。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。