UOとかウィルコムとかPCがらみのネタ等々。 当ブログは準にゃんを崇拝しております。

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙、それは最後のフロンティア
2005年08月01日 (月) | 編集 |
太陽系に第10惑星 NASA発表 冥王星の1.5倍
第10惑星発見「すぐには認定できぬ」
(両方とも産経web)

セドナの事かと思ったんですが、違うみたいですね。
でもサイズ的になぁ・・・それにカイパーベルト天体には、まだこのクラスの天体があるらしいので、
これ以上のサイズで太陽を周遊するものが出てきたらどうするんだろ。
後ろの記事にも書いてあるように冥王星を惑星として定義するのには無理があったり。
地球:火星:海王星:冥王星の比率は大体、6:3:20:1。
ちなみに・・・月の大きさは冥王星の約1.5倍
なんか、この先ゴロゴロと”(太陽系惑星)と呼ばれる”天体が出てきそうで怖い(苦笑)

今回の第10惑星候補の天体の発見、惑星の定義を再度論じるのにいい機会かもしれませんね。


もいっちょ宇宙ネタ。
『ディスカバリー』、再び宇宙へ
シャトル、翼などに傷複数 NASA「機体は健全」

今回の傷の原因ってスペースデブリじゃないのかな?。
今まで何度も飛んでるわけだし、改良もされてるはずなので安全面では初期の方より上なはず。
と、なると問題は・・・・なんですよね。
「問題あったので延期します」じゃ、世間は納得しませんよ。
延期決定の前に原因を追求すべきかと。
なんだか弱腰なNASAってらしくない、あの隕石ミッションの時の勢いはどこに・・・。

宇宙飛行可能なスペースシャトルは全世界に3機(全てNASA)。
新しいものでも13年前の物なのですが新しいものを作る計画は無し。
国際宇宙ステーション計画がどうなるのか心配。火星に行く前に地球周辺をどうにかしなさいな。

人間にはまだ宇宙は遠いのかなぁ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。