UOとかウィルコムとかPCがらみのネタ等々。 当ブログは準にゃんを崇拝しております。

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創価票と自民党、メディアと政治
2005年09月14日 (水) | 編集 |
衆院選は与党の圧勝でしたね、2/3確保というのは凄い。
選挙結果を受けて参議院の反対派議員も大人しくなったみたいでなにより。

今回の選挙、自民党の圧勝と言われてますが・・・どうなんでしょう?
今回の選挙結果で笑ってられるのは小泉と創価学会(公明党)だと思う。
小選挙区の結果を見ると創価学会票でギリギリ勝った議員が少なからず居ます。
「自民で過半数取れるのなら公明は捨てられる」というのはまだ無理な現実。
言ってみれば「政権取るなら公明と組まなければならない」ていう訳で。
ここが今の日本政治の非常に危ういところ。
地域振興券のようなことが起きないことを祈ります。


今回の選挙結果で感じたのは
メディアの扱いに長けた小泉、振り回されていたことに気付かないマスコミ。
特に東京キー局の報道、ワイドショー体質が更に酷くなってる。
それを上手く利用したのが小泉、利用しようとして失敗したのが野党。
小泉はマスコミだけでなく、その先の視聴者受けも考えて動いた。
野党はマスコミ受けする内容だけで手一杯だった。
そこが今回の選挙結果にも影響したのではないだろうか?
言ってみれば党首の「実力不足」が露見したわけだが。

そしてマスコミ、政治の中身でなく外見ばかりを報道。
「刺客」やら「造反」やらと騒ぎ立てるばかりで中身が全然無かった。
解散から一ヶ月もあったのに、報じられたのはワイドショー的な話題ばかり。
報じるべき内容をいつまでも見失い続けるのか、そのことに何時気付くのか。
「催眠術」にかかったのは視聴者でなくマスコミ、そして「催眠術」をかけたのも自分。
自分に酔うのもいい加減にしろ。
キー局の報道は自らの役割を思い出せ。無駄に人員居るわけじゃないだろう。
地方局の人間として、そんな事ばかり思ってしまう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。