UOとかウィルコムとかPCがらみのネタ等々。 当ブログは準にゃんを崇拝しております。

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よほど馬鹿な事やらなければ訴えられません。
2005年09月27日 (火) | 編集 |
あなたは訴えられるかもしれない……
ネットに散らばる“お宝素材”、勝手に使うと「法律違反」?(デジタルARENA)

まぁ、「記者に聞け」というコンテンツなのでアテになりません。
個人的な見解としては・・・。

1.本の表紙画像、勝手に載せても大丈夫?
×じゃなくて△。
本の感想述べるときに表紙載せるとか、「こんな本買ったよ」って写真載せるぐらいなら問題なし。
版元にとっても宣伝になりますから。(法的にはグレーなんでしょうけど)
ただ、表紙画像を加工して自分のHPの背景にしたりとかはアウト。
やはり一番安全なのは、ネット書店のサービスを利用する方法。

2.Webサイトに掲載されているニュース記事は流用できる?
×じゃなくて△。以前裁判沙汰になって原告敗訴って事あった気が・・・。
完全にコピーするのはアウト。多少の引用や記事の紹介程度ならOK。
ただ、引用する際には記事へのリンクは忘れずに。
完全にアウトな例。
ニュース記事の完全転載、転載元の表示無し、リンク無し。
挙句の果てには画像の無断使用、真似しないように。

3.最新映画のあらすじをブログで公開した
○だ○!!自分の観た映画について書いたらダメなんてことあるのか(汗)
翻案権にも触れる事もまずないです。(参考:翻案権)
ネタバレの場合は反転(もしくは警告)して見てもらうのが吉。
それでも見てしまうのが人間のSaGaなんですがね。(苦笑)

4.好きな曲の歌詞をブログに載せた
微妙、限りなく×に近い△。
JASRACの守銭奴ぶり管理体制は凄いですから。
零細だろうがなんだろうが警告して、お金取られる可能性があります。
出版だと1フレーズでも申請出さなきゃですから・・・・。
著作権団体非加入の場合は著作権者に直接問い合わせを。
許可取れればOKですよ、難しいけれども。
著作権切れの曲は大OKです。明治とか昭和初期とかの曲なんか良い例。民謡なんかも結構切れてたりします。

5.芸能人の画像をホームページに掲載した
×、完全に×。芸能人でなくてもそこら歩いてる人でも法的にマズイです。
芸能人の写真なんかは個人利用に留めましょう・・・。



あまり派手にやらなければ、いきなり訴えられる事は無いかと。
何事もホドホドに。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。