UOとかウィルコムとかPCがらみのネタ等々。 当ブログは準にゃんを崇拝しております。

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

提灯のすゝめ
2006年01月11日 (水) | 編集 |
今年はYonah投入をきっかけにIntelが反撃に出るみたいですね。
という訳で提灯業界にも活気が、と期待。

早速幾つか提灯記事が届きました。
ちょっと軽めですが、昨年終盤と比べると十分な内容ですよ!
一般の方にもわかりやすいように簡潔に説明してみましょー。

きょうは65ナノにシュリンクされた新世代Pentium Dの費用対効果に感心した(ITmedia)
1PはCPUについて色々述べてます、特筆すべき事はないですね。
熱設計消費電力(TDP)が130Wと95Wというのはチェックですよ。

2PはCPUに発生している不具合についての説明と消費電力量について。
ここで提灯の血が騒いだのか、すばらしい一文が!
>アイドル時の消費電力が従来のPentium Dに比べてわずかながら上昇している。
消費電力を抑える機能が働いていないが大したことはないと説明してます。
「わずかながら上昇」なら大丈夫ですね。
111Wと150Wなんて誤差のうちですよー♪
こういった提灯が平気出てくるのがIntel関連の記事です、チェックですよ。
アイドル時にIntelの公表しているTDPをオーバーしているのにもチェック。

3P目はお決まりのベンチマークのグラフ。
どうみてもAthlon64X2圧勝なのでうまく提灯できません。

4P目もグラフ。
PentiumXEが飛びぬけて結果がいいグラフがあるのですが、PentiumDの記事なので触れないのが正解です。

5P目と6P目。
きました、提灯の新手法「1万円あたりのベンチマーク結果」!!
意味の無いグラフと思ってください、ベンチマークを値段でw
笑わせるつもりで書いたんでしょうそうでしょう。
殆どのベンチーマークでAthlonに惨敗してるので、どうしようもなかったと見た。
ネットバーストCPUの提灯に限界が来て、記者が狂ったかのような結論に。
コストパフォーマンスならPentiumDですか、そうですか。
コストパフォーマンス求めるならCeleronやSempron奨めますよ!
デュアルコアCPU買う人なら、1万円差で高性能低消費電力なCPU手に入るならそっち選択です。
こういった記事に騙される人がPenDを手にしていく・・夏は熱暴走祭り。

今更ながらPenDの基礎知識ー♪
・Intel Core Duo(PentiumM)の開発者にロバ言われた。
・Intelが発売数ヵ月後に急造品と公式に発表。
・電力馬鹿食い、超発熱。
・熱が溜まりすぎるとクロックダウンする機能搭載。
・Intel的にはデュアルコア、世間一般ではデュアルコアモドキ。
これを提灯しろと言うのがムリですね・・・。
ガンガレ、ネットバーストは今年でご臨終だから。(ホロリ)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。