UOとかウィルコムとかPCがらみのネタ等々。 当ブログは準にゃんを崇拝しております。

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーダフォンユーザのご冥福をお祈りいたします
2006年03月06日 (月) | 編集 |
私がこのネタについて話さないなんてのはありえないわけでして。
Vodafone、ソフトバンクへの日本法人売却交渉を認める(ITmedia)
交渉が上手くいけば、日本ボーダフォンはソフトバンクグループ入り。
驚きました、MVNOどころか売却とは・・・・。
実現すれば今年の秋ごろから始まるMNPで一波乱ありそう。


長くなりそうなので気になる人だけどうぞ。
ソフトバンクとしては携帯電話事業に簡単に参入できるチャンス。
ゼロからスタートしてたら既存業者と対等に競争できるのはかなり先になりますし。
1500万ユーザを一気に獲得できるのも大きな利点。
買収費用は膨大でも、それに見合った買い物になるのは間違いなし。
ただし、買収した際に問題が発生します。
「ソフトバンクは新規事業者として周波数を割り当てられている。」
苦労して総務省から貰った周波数ですが、返すのが筋ですね。
イー・アクセス「ソフトバンクは新規割り当て周波数を返上するべき」(ITmedia)
至極当然の意見。今まで何度も国を欺き続けた(例:あおぞら銀行株売却)
ソフトバンクもこれは返さないと駄目でしょう。
つまり、その周波数向けに続けていた商品開発も投資も全て水の泡。

ボーダフォン側としては、日本市場へのテコ入れという考えなのでしょうね。
去年の終わりぐらいから回復しつつはあるものの、他キャリアとの差は歴然。
今年から日本でもMNPが始まり、ボーダフォンユーザが他キャリアに大量流出する恐れもある。
そこで、ADSL事業で大成功したソフトバンクの手によって巻き返しを図ろうという考え。
現状では拙いとの判断、吉と出るか凶と出るか・・・・。
一番大きなメリットは、ソフトバンクが固定電話網を持っていること。
DocomoはNTT東西の固定網、auはKDDIの固定網持っていますが、ボーダフォンは無し。
このままだと「有線と無線の融合」という流れから置き去り確定。
そこでソフトバンクの固定網をボーダフォンが使えるようになれば、一応対等に。
先の事を考えるとボーダフォンとしては事業の選択肢が増えて良いのかも。


私がこのニュースを聞いた時、「終わったな、ボーダフォン」と思ってしまいました。
まぁ、私がソフトバンク嫌いなのもあるのですが。

MNPでボーダフォンユーザが減るのはほぼ確定、その根拠は・・・
・貧弱な3G網、
ボーダフォンの販売員は3G携帯を売りたく無いと声を大にして言ってます。
まだ信用できない、と言う事です。他キャリアはどんどん進んでいるのに・・。
・売れる機種は東芝とシャープだけ。
いや、別に構わないんですけどね。ただ、機種に関しては携帯3キャリアで最低。
ドコモやauと比べると機種の魅力で勝てません。
モバイルSuica対応機種ゼロという現状が何気にそれを物語っています。
(にも拘らず、店頭の販促用ビデオで「切符にも使える」などと言っている。)

そんな状況でソフトバンクによる買収。プラスになるか?マイナスになるか?
それはソフトバンク次第なのですが、どうでるのやら。
短期で攻勢に転じれば間違いなく沈むでしょうが。
5年から10年ぐらいかけてジワジワと巻き返していくのが安全。


ま、こんな事を言っても買収成立しなかったらただのネタに過ぎませんがw
迷ってるのはソフトバンク側。ボーダフォンは乗り気っぽい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。