UOとかウィルコムとかPCがらみのネタ等々。 当ブログは準にゃんを崇拝しております。

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その名を世に轟かせよ
2006年10月14日 (土) | 編集 |
悪いことばかりですがな、ソフトバンク。
ソフトバンク,ハッピーボーナスと年間割引の受付継続を周知(ITPro)
10月から殆どの店でハッピーボーナスと年間契約割引が受付終了でした。
つまりスーパーボーナスしか受付しないってことでした。
持ち込み機種変更とか2G→2GはOKだったみたいだけど。
それを多くのクレームに応えて止めにした・・・と言えば多少は良く聞こえるんですけどね。
約款上は書いてあるのに実際は契約できないって事で行政から注意受けて変更という可能盛大。
それでも、これですらまだ序の口なんですよね。


ぶっちゃけ信じられませんでした、実際に販売側の人間に聞くまでは信じないことにしてました。
この件がすべて販売店側の責任にされてるなんて事は。

マジでした、そういうFAXがあったとの事・・・・。
つまりソフトバンクとしては
「そんなつもりは無かったのに販売店が勘違いしてました、注意しておきます。」
と言うコメントを出しているようなもの。
ソフトバンク自体が「ハッピーボーナスと年間割引の受付は(例外除いて)するな」という指令だしてのにネ。
ユーザだけでなく代理店、更には社員すら裏切ったソフトバンク。
他キャリアの人に聞かせたら、信じられないような口調で「それ本当?」とか言われてましたよ。

何故こういった行動をソフトバンクが取れるのかとというのは・・・。
プレスリリース等でユーザに一切告知してなかったから。
告知してなかったら「知りませんでした」で済みますからね、ソフトバンク的には。
告知しなかった理由は、「予防線」と「ユーザに悪い印象を持たせたくない」ってのですかね。

予防線は今回のようなクレームが多かった時の為。
告知してなければどうにかして「販売側の責任」にできますからね。
行政側から言われたとしてもいくらでも逃げ道はある。(検察とか動き出したら一発で終わりだが)
ユーザへの悪印象受けるってのは、10月に社名変わったばかりだから。
いや、ユーザというよりより"株主"への印象を気にしていた感が強いか。
変わってすぐにボーダ時代のサービスの受付終了だなんてやれませんよね。
スーパーボーナス自体、ハッピーと比べて得とは言い難いですからね。
(ソフトバンクとしては得なサービスなんでしょうけど。)
そんなこと告知したらユーザがに愛想つかされるし、株主も危ないと思いますよ。


長い時間かけて接客しスーパーボーナスに入って貰おうと苦労した販売店。
スーパーボーナスだけでは厳しいなぁと思いつつも販売店を指導してきた社員。
ハッピーの継続が良かったけど受付できないなら仕方ないと諦めてスーパーで契約したユーザ。

平気で裏切ります、ソフトバンク。



ユーザの皆さん、この件に関しては販売店を責めないで欲しい。
他キャリアの販売に携ってる身としても同情を禁じえない、それほど酷いのです。
全ての元凶はソフトバンク(特に社長)にあり。
この裏切りの代償が良い形で現れると良いのですが・・・・。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。