UOとかウィルコムとかPCがらみのネタ等々。 当ブログは準にゃんを崇拝しております。

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年やったゲームとかで語ってみよぉ
2006年12月31日 (日) | 編集 |
・・・・・去年も一昨年(多分向こうで)もやったけど、今年もやりませう。
とか思いましたが止めたくなってきた。
なんというか、記憶に残った作品がそんなに無い。
結構買ってプレイしたはずなんですが・・・。

まぁ、その中でも良かった作品をちょちょいと。


・プリズムアーク(ぱじゃまそふと)
面白かったです。いや、楽しかったですよ・・・時間さえ掛からなければ。
パッチで痛い目見たゲームはコレが始めてかもしんない。
まぁ、パッチ当ててゲーム中のバトル飛ばせるようになったのはグッドでしたが。
(3週目以降は流石にキツイです)
作品全体としては上手く纏まってましたのでオススメですよ。
個人的にはプリンセスうぃっちーずの方が上ですが。
ぱじゃまから独立したリリアンには期待なのですよー♪

・ワンコとリリー(CUFFS)
犬耳です、犬耳。なんか文句ありますか!?
桜沢いづみさんの絵だけではなくて全てが上手く纏まってた作品でした。
特に音楽はバッチリ自分好みでした。今でもけっこー聞いてますよ。
ボイス無しでも面白い作品は面白いと再認識させられました。
開封したまま放置しているさくらむすびをどうにかせんといかんなぁ(死滅)

・ななついろ☆ドロップス(ユニゾンシフトブロッサム)
凄く綺麗な作品でした。いや、端的に語るとマジでそんな感じ。
黒い部分とか殆ど無くてホンワカした感じでプレイできてよかったなぁ、と。
すもものシナリオは好きですね、他のキャラが割りくっちゃってる感がしますけどw
絵もシナリオも良い作品でした、それ以上に音楽が良かったのですが!!
水月陵(KIYO)さんの曲は、やっっっっっぱりイイですね!!
最近楽曲担当者でもゲーム買うようになってるのはこの人が原因かも(苦笑)

スッと出てくるのがこの辺りですかね。
「さくらのさくころ」や「はぴねすでらっくす」はファンディスクなので除外。
面白かったですけどファンディスク単体では評価したくない。
原作あってこそのファンディスクですから。
(原作好きじゃないと買わない、というのが評価と思ってください)
毎年毎年思いますが、「地雷踏まなくて良かったなぁ」。(滅)


んで年末発売のefはまだプレイ中なので評価は来年かな?
みやこの章が終わりましたが、どーやら二作目のlatterが出るまで評価できないかも。
二つともプレイし終わって評価が出来る作品のように感じましたので。
ただ、表現の仕方は格段に良くなったと感じました。
ぶっちゃけこの手のゲームとしては最高峰。
はるのあしおとでの試行錯誤が良い方向に行ったなと。
それが今のところefで出せる感想。個人的には大好きです。
シナリオも(みやこの章終了)小ぢんまりとしていますが、上手く〆てますし。


さてはて、残りもう一作品心に残った作品があります。
確実に長くなるので別エントリー立てる程によかったあの作品が。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。