UOとかウィルコムとかPCがらみのネタ等々。 当ブログは準にゃんを崇拝しております。

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合併特例法抜きでの合併なるか?
2005年04月26日 (火) | 編集 |
民意再び合併選択-牟礼町長に高木氏再選
投票行ってきましたよ、勿論入れたのは高木氏。

投票総数10091票中、合併推進派の町長に6190票、合併反対派議員擁立の候補に3814票。
ちなみに議員16人中、合併反対派10の賛成派5(議長入れると6)でした。
民意を無視しているのはどちらかがはっきりしました。
「議会制度を無視している」と言ってた反対派議員、どう言い訳するのやら。

合併しなくてもやっていけるとは言ったものの具体的な案なんて一つも出さなかった反対派。
やはり、無能。
立候補者が反対派に担ぎ出された理由は名前が町名と同じなのとバックに婦人団体があるせいなのかなーと思ったり。
まぁ、虐めに行きませんでしたが。あの程度の人物なら泣かすの簡単ですよ。
町長としての器じゃなかったヨ・・・。
まぁ、すんなり合併とはいきませんが。
特例法が無くなったので税制の以降とかも早くなりますし。
特例債は使えなくなりましたが、もともと使えませんし。
結局は借金な訳ですから、交付金減らされるのが判ってたら怖くて使えない。
この先、色々とあるとは思いますが見守っていきます。

今回の騒動、今の国会にも当て嵌める事ができると思います。
特に郵政民営化法案。民意無視で話がすすんでいます。
国民の大半が「そんなに急がなくても」と思ってます。
それよりも重視すべき問題が沢山ありますから、そちらを優先して欲しいわけです。
しかし、政府はそんなことも露知らず話をどんどん進めています。
有名無実の民営化を・・・・・。
議員たちも騒ぐものの、ある程度妥協してくれればOKな様です。
さてはて、誰のための国会なんでしょう?
自分たちが”国民の代表”なら、もっと国民の意見に声を傾け判断すべきでは?
その点を殆どの議員が忘れていると思います。
政党政治の弊害というものなんでしょうか・・・・。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。